自動車免許と視力検査

1日5分、ゲーム感覚で遊びながら自宅で視力回復する方法
子ども 視力回復トレーニング


自動車免許を取得されている方は、必ず更新の際にも視力検査を
行っていると思います。

自動車を運転するに当たって視力の善し悪しはかなり重要視されるため、
法律で決められている視力より下回っている場合はメガネやコンタクトなど
を着用していないといけないと決められています。

ただし普通免許の場合は両目が0.7以下と決められていますので、
0.7以下と視力検査で値が出てしまった場合はメガネなどを着用した上で
再度視力検査を行います。

もちろん、免許証にもメガネ等が必要な視力なのかどうかが記載されて
しまいます。
また、片目が失明をしていたとしても片方の目が0.7異常の視力があれば
車を運転することができます。

そして大型免許ともなるとより厳しい値が求められるようになります。
両目で0.8以上なければ裸眼での運転をすることができません。
この時メガネやコンタクトをして0.8以上になれば車の運転をすることが
できます。

自動車免許を取得する上で視力検査は欠かせません。
ですから、メガネやコンタクトを必ず持参するようにしましょう。
でなければ、視力が悪い状態で免許証の発行を行ってもらうことが
できないからです。
自動車を運転するということはそれだけ大変なことなのです。