子どもとレーシック手術

1日5分、ゲーム感覚で遊びながら自宅で視力回復する方法
子ども 視力回復

視力回復のための唯一の手段と言ってもいいくらいなのが
レーシックですよね。
レーシックを受けている著名人やスポーツ選手も多いことから、
気になっている方も多いと思います。

実際に周囲にレーシックを受けられた事があるという人がいる方も
いるのではないでしょうか。
レーシックは医師のカウンセリングによりOKが出された方が
施術を受けることができます。

ほとんどの近視や遠視、乱視などの場合はレーシックを受けることが
できるのですが、老眼や18歳から20歳未満の子どもに対しては
レーシック手術が受けられない事が多い事をご存知でしょうか?

子どもの視力低下が目立つ中で、なぜレーシックが受けられないのか。
それは、成長と共に近視の状態に近づく事が多いのが眼の仕組と
なっているため、子どもの頃にレーシック手術を受けたとしても成長と共に
また視力が低下してしまう可能性があるためです。

ですから子どものレーシック手術は原則として行う事はありません。
ただし、レーシック以外の方法で視力回復できるトレーニングなども
存在していますので、レーシックを受ける事ができる年齢に達するまでは、
子どもが楽しみながらできるトレーニングを続けていくことが賢明だと言えるでしょう。