角膜形状異常とレーシック手術

1日5分、ゲーム感覚で遊びながら自宅で視力回復する方法
子ども 視力回復

角膜形状異常という言葉を聞いた事がありますか?
角膜形状異常とは、その名の通り角膜の形が正常ではなく異常を
きたしている状態をさしています。

通常角膜というのはキレイな円形をしているものなのですが、
角膜形状異常になると楕円形になってしまったりとキレイな円形を
描くことができていないため、眼にも異常が現れてきます。

だからといって何も驚く事はありません。
角膜形状異常だったとしてもメガネやコンタクトで対象物を
捉えることができるようになりますから、さほど心配をする必要がないと
言われています。

角膜形状異常を治療するためにコンタクトやメガネを利用していくのも
良い方法ですが、裸眼で過ごしたいという方はレーシック手術などを
検討してみると良いかもしれません。

レーシック手術はカウンセリングをした上でできるかどうかが
決まる部分はあるものの、角膜形状異常でも施術を受ける事が
できる場合もあるのです。

ただ、レーシック手術にはメリットもありデメリットもあります。
ですから、事前のカウンセリングで十分に納得をした上で
レーシック手術を受けるようにしましょう。

また、事前に医師による検査なども行われていきますので、
レーシックの可否はこの時に判断してもらうようにしましょう。